プログラム

日程表・プログラム

共催セミナー

ランチョンセミナー16月11 日(土) 12:00 ~ 13:00(第1会場)

座長:馬渡 太郎(浜の町病院)

症例から学ぶ股関節疾患
『知っておくべき股関節疾患と診断のポイント』

演者:木下 浩一(福岡大学医学部整形外科学教室)

症例から学ぶ股関節疾患
『鑑別診断が重要な股関節疾患』

演者:本村 悟朗(九州大学大学院医学研究院整形外科学分野 人工関節・生体材料学講座)

共催:帝人ヘルスケア株式会社
(2講演完全受講で日整会教育研修単位N-4 , 11 もしくはRe:1単位)

ランチョンセミナー26月11 日(土) 12:00 ~ 13:00(第2会場)

座長:伊﨑 輝昌(福岡大学筑紫病院)

症例から学ぶ肩関節疾患
『よく遭遇する肩関節の脱臼と骨折』

演者:三宅 智(福岡大学医学部整形外科学教室)

症例から学ぶ肩関節疾患
『五十肩と腱板断裂について』

演者:石谷 栄一(福岡志恩病院)

共催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
(2講演完全受講で日整会教育研修単位N-2 , 9 もしくはS:1単位)

ランチョンセミナー36月11 日(土) 12:00 ~ 13:00(第3会場)

座長:田中 祥継(田中整形外科)

症例から学ぶ手外科疾患
『日常診療でよく遭遇する手外科疾患の診断と治療』

演者:村岡 邦秀(福岡大学医学部整形外科学教室)

症例から学ぶ手外科疾患
『よく聞く、よく観る、よく考える手外科診療』

演者:光安 廣倫(光安整形外科)

共催:久光製薬株式会社
(2講演完全受講で日整会教育研修単位N-8 , 10 もしくはRe:1単位)

ランチョンセミナー46月12 日(日) 12:00 ~ 13:00(第1会場)

座長:吉村 一朗(福岡大学)

症例から学ぶ足部・足関節疾患
『見逃してはいけない足部・足関節疾患と外傷 』

演者:萩尾 友宣(福岡大学医学部整形外科学教室)

症例から学ぶ足部・足関節疾患
『知っておきたい前足部の疾患』

演者:福士 純一(独立行政法人国立病院機構 九州医療センター 整形外科・リウマチ科)

共催:旭化成ファーマ株式会社
(2講演完全受講で日整会教育研修単位N-6 , 12 もしくはR:1単位)

ランチョンセミナー56月12 日(日) 12:00 ~ 13:00(第2会場)

座長:秋山 武徳(秋山クリニック)

症例から学ぶ膝関節疾患
『知っておくべき膝関節疾患』

演者:前山 彰(福岡大学医学部整形外科学教室)

症例から学ぶ膝関節疾患
『膝関節疾患の診断と治療』

演者:濵井 敏(九州大学大学院医学研究院 医工連携・健康長寿学講座)

共催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
(2講演完全受講で日整会教育研修単位N-2 , 12 もしくはS:1単位)

ランチョンセミナー66月12 日(日) 12:00 ~ 13:00(第3会場)

座長:川口 謙一(九州大学)

症例から学ぶ脊椎・脊髄疾患
『適切な診断および適切な治療を行うために 〜薬物療法も含めて〜』

演者:田中 潤(福岡大学医学部整形外科学教室)

症例から学ぶ脊椎・脊髄疾患
『診断と治療の要点と盲点 〜合併症対策から薬物治療まで〜』

演者:河野 修(労働者健康安全機構 総合せき損センター)

共催:第一三共株式会社
(2講演完全受講で日整会教育研修単位N-4 , 7 もしくはSS:1単位)

サテライトミーティング

第71 回九州肩関節研究会6月11日(土) 18:00 ~20:00(第1会場:4階「みらいホール」)

参加費 1,000 円

症例検討

座長:森澤 佳三(副島整形外科病院 肩関節研究センター) 

特別講演
『腱板断裂の治療 -基礎から臨床へ-』

座長:伊﨑 輝昌(福岡大学筑紫病院 整形外科)
演者:唐杉 樹(熊本大学病院 整形外科 講師)

共催:九州肩関節研究会/科研製薬株式会社
(日整会教育研修単位N1, 9:1単位)

第56回西日本骨軟部腫瘍懇話会6月11 日(土) 18:00~19:30(第2会場:3階「大会議室A」)

参加費 無料
座長:西尾 淳(福岡歯科大学総合医学講座 整形外科学分野)

特別講演
『軟部腫瘍診療における超音波検査の意義』

演者:中山 鎭秀(福岡大学病院 整形外科 助教)

症例ディスカッション

共催:西日本骨軟部腫瘍懇話会/第一三共株式会社

第45 回九州マイクロサージャリー研究会 6月11日(土)17:00 ~ 18:15(第3会場:3階「中会議室B」)

参加費 1,000 円
座長:普天間 朝上(医療法人和の会 与那原中央病院 整形外科) 

特別講演
『マイクロサージャリーを用いた神経外傷・疾患の治療』

演者:村田 景一(市立奈良病院 副院長 医療技術部長 四肢外傷センター長)

共催:九州マイクロサージャリー研究会/久光製薬株式会社
(日整会教育研修単位N 2, 8:1単位)
(日本手外科学会教育研修単位:1単位)

PAGE TOP